記事一覧

読む立川流

2020.09.26

活字がないと眠れない、そんな生活を何十年と続けています(酔って潰れた時は別です)。

最近ハマっているのは、立川流の落語家が書いた著書の数々。

きっかけは地元上田市出身の立川談慶の新刊「安政五年、江戸パンデミック。」

もともと談慶師匠の著書は面白くてすべて網羅しているのですが、この新刊も師匠自らがfacebookで「手拭い・サイン付き」で直売しているのを目にして即買い。
包装を解くのももどかしく一気読みの一夜でした。

続けて談慶師匠が、今度はPHPの増刊で小説連載を始めた事を知り、こちらも即買いで一気読み。

ちなみに小説冒頭のシーン。
主人公の落語家がラジオの生放送で屋外で落語を喋らされ、誰も聴いていない過酷な状況に落ち込む姿は、談慶師匠の実体験です。
遡(さかのぼ)る事はるか前、長野のラジオの帯番組で、屋外の騒音や人の声が鳴り響く中、必死で高座を努める談慶師匠の噺を仕事の車中でよく聴いたものでした。
あの体験があったからこそ今でも過酷な状況にも耐えられると師匠は語っています。

さて、談慶師匠を読了後、血が騒いで引っ張り出してきたのは、これまで何度読んだか分からない立川談春「赤めだか」と立川志らく「雨ン中の、らくだ」。

前座の頃からライバルと称されてきたこのふたりの自叙伝は、並べて読むと面白さが倍増します。
昨夜は酔っていたこともあり「雨ン中の、らくだ」の途中で寝落ちしましたが、今晩読み終えたあとは、今度は談志に行ってしまいそうです。
とはいっても、私は立川談志を語れるほど通ではありませんし、今でもただただ憧憬のまなざしで見上げるだけの初心者ファンなのですが。

山恵錦

2020.09.19

ファイル 742-1.jpgファイル 742-2.jpg

上田の5蔵が、同じ上田市内の柿嶌農園で作る酒米「山恵錦」で仕込みを行う、その名も「山恵錦プロジェクト」。

その柿嶌農園の山恵錦の田んぼを、みんなで見学に行って参りました。

この冬の造りで3年目となる山恵錦の稲穂は、800メートルの高地で、大きな粒できれいに実っておりました。

お互いがよき仲間であり、そしてよきライバルである上田の酒蔵が仕込む山恵錦。
この冬の出来栄えもぜひ楽しみにしていたてください。


山恵錦プロジェクト
https://www.sankeinishiki-project.com/

「妄想トレイン」

2020.09.12

今、さり気なく楽しみにしているテレビ番組。
BS日テレで毎週月曜21:00から放映している「友近・礼二の妄想トレイン」。

番組HPのコピーを借りると「鉄道・温泉・グルメ・・・、時刻表を片手に理想の旅を"ただただ妄想"する新感覚紀行」。

そうなんです。
友近・礼二をはじめとする出演者一行は、スタジオの中で時刻表片手に、その行程に沿って流れる車窓やグルメや宿泊先の映像を眺めつつ、その旅先での思い出や感想を熱く語り合って、旅行に行った気分だけを味わうという、何だかとても痛快な番組なのです。

そして、毎週招かれるゲストの鉄道愛が凄まじい。
私自身そこそこの鉄ちゃんとは自認していますが、この番組に出るゲストはレベルが違う。

先週出演したサックス奏者の上野耕平さんも、喜々と語り続ける鉄道の知識には、唖然としたまま、ただただ脱帽のひとことでした。

だって例えば、私も頻用する北陸新幹線の車両がJR東日本かJR西日本かで社内アナウンスのメロディが違っていて、それはこんな感じです、と実際でサックスでサラッと吹いてしまうとか、映像で流れる車両の型版や特徴から始まって走行区間のマニアックな見どころをこんこんと語り続けるとか、果ては礼二とともにレールの音を口で再現するとか・・・本当に愛ですね。
よく分かります。

そしてこの番組のもうひとつの見どころ。
やはり筋金入りの鉄ちゃんとして知られる、女子鉄アナウンサーの久野知美さん。
アテンダントの制服姿の彼女がとにかくキュートでかわいい。

そんな久野さんが、この番組ではあえて前面に出ずに、後方でさり気なく満面の笑みで出演者のフォローをしている姿に、思わず胸がときめいてしまうのです。

さて、来週のテーマは伊豆。
新しい観光特化型特急「サフィール踊り子」の登場も併せて、楽しみです。

期待外れ

2020.09.03

久々に駄本に出合いました。
駄本・・・中身の薄い期待外れの本。

書店であえて買ってみようと思った理由は、聞いたことがない賞の大賞を受賞していたのと、帯封に大好きな選考委員の激賞のコメントが載っていたから。
しかも某大手出版社だし。

私が甘かった。
面白かったのは型破りな主人公のひとりが登場する最初の数ページだけ。
そのあとはスカスカ。
プロットは甘いし、登場人物の描写は上滑りしているし、中身が薄いから斜め読みで十分理解できてしまう。
もう少し何かあるはずと期待しながらページをめくっているうちに、物語は大団円を迎えてしまいました。
クライマックスも甘い。

これ、本当に○○○○大賞っていうのを受賞したの?

まあ感じ方は人それぞれなので、私だけが穿(うが)った読み方をしていたのかもしれません。
すみません、僕は個人的にダメでした。

駄本でつらいのは、自分の書架に並べたくないこと。
かといって、それを人に差し上げる訳にもいかないし。
売るのも何だかなあ。
それも本を選ぶ醍醐味のひとつと言ってしまえばそれまでですが。

「ひやおろし」続報

2020.08.28

長野県では9月9日に解禁になる「ひやおろし」。

おかげさまで当社の「ひやおろし」は、「和田龍登水(とすい)」お取り扱い酒販店様からのご予約で完売致しました。
本当にありがたい思いでいっぱいです。

つきましては、当社店頭での「ひやおろし」の販売はございません。
お求めの際は、当ホームページの「和田龍登水お取り扱い店」一覧をご覧頂くか、もしくは当社まで遠慮なくお問い合わせください。

お取り扱い頂く酒販店様、飲食店様、そして一般の皆様に心より感謝しながら、これを励みにこれからも頑張っていきたいと思います。


・和田龍登水 ひやおろし

 1.8L 3,520円/720ml 1,760円 (税込)

ページ移動