記事一覧

センセイ、頑張れ!

2021.01.22

浪人時代に机を並べた友人から久々に便りが届きました。

便りといってもただの便りではありません。
彼は某県の県会議員で、届いたのは彼の名前を冠した県議会だより「〇〇〇〇通信」でした。

彼は大学卒業後、実家に帰ったと聞いたまま、しばらく音信不通でした。

しかしある時、いきなり地元の県会議員になったと知らされ、驚く間もなく届いたのが彼の結構披露宴の招待状でした。

県庁所在地の一流ホテルで開かれた披露宴は、県知事をはじめとしたVIPが顔を揃え、「ここで何かあったら県政が麻痺するな」と、一緒に参加した予備校時代の親友と囁き合ったものでした。

しかもあまりの出席者の多さに舌を巻きながら、今我々がいる会場外のロビーがそのまま我々の席になるんじゃないか、などと心配したりもしました。

浪人時代からユーモア満載で、高校時代の同級生で今も一線級で活躍する某男性タレントにお笑いを教えたのは俺だと豪語する彼の言葉は、あながち嘘とは思えませんでした。

現に彼は披露宴の締めの新郎挨拶で、県知事はじめ居並ぶVIPを前に「近くにお越しの際は、迷惑なので決して家には来ないでください」と真顔で言ってのけました。

仕事で彼の県を訪れた際は、わざわざ時間を取って夜の一杯に付き合ってもくれました。

そんな彼ともしばし疎遠になりました。
そして、ずっと届いていた「〇〇〇〇通信」も、いつの間にか届かなくなりました。

しかし先日、その最新号がいきなり自宅へ届きました。
一体なぜ?

でも1面に映っている彼の写真は、30年以上前に机を並べていたそのままの姿でした。
そして文面から、彼が2女の父親であることも初めて知りました。

これだけ時間と距離が離れているのに、不思議と遠さは感じませんでした。
むしろ許されるのであれば、すぐにでも彼と話したい衝動に駆られる自分がいました。

Mくん、県会議員として脂が乗り切っている年齢ですね。
コロナ禍の中、奮闘している様子が伝わってきます。
これからも頑張ってください。
応援しています。
そして機会があれば、また会えることを楽しみにしています。
おたより、ありがとう!

ジェームズ・ボンド御用達

2021.01.16

ファイル 758-1.jpgファイル 758-2.jpg

映画「007」でジェームズ・ボンド愛用のシャンパンといえば「ボランジェ」。

最新作「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」の公開を記念して「ボランジェ・007リミテッド・エディション」がリリースされ、私も親しい方から1本プレゼントで頂きました。

そして先日、満を持して抜栓しようとしたのですが、ボトルを箱から出してデザインを眺めているうちにもったいなくなってきて、再度箱にしまいました。

このコロナ禍で上映が2度延期されている「007」の最新作。
公開まで待って、じっくりと味わおうかと思うのですが、それまで待てるかどうか・・・。

「太田和彦のぶらり旅」

2021.01.07

ファイル 757-1.jpgファイル 757-2.jpgファイル 757-3.jpgファイル 757-4.jpg

あけましておめでとうございます。
コロナ禍で大変な状況下ですが、これからも前を見据えて頑張っていきたいと思います。
今年もご愛顧のほど、何とぞよろしくお願い致します。

今年最初のブログです。

大好きな太田和彦さんのBSテレビ番組「太田和彦のぶらり旅 新・居酒屋百選」で紹介して頂きました。

お店は太田さんもご常連の、人形町「酒喰洲」(しゅくず)。
絶品の魚料理の数々が楽しめて、お刺身は何と一切れから注文が出来る、私も大のお気に入りの一店です。

美味しそうな刺身を口にしながら太田さんがどんなコメントを発せられるのか、大変緊張しながら見ていたのですが、お褒めのお言葉を頂いて大変感激した次第です。

ちなみに毎年初夏には、このお店の常連の皆様と蔵元が集って「酒喰洲会(しゅくずかい)」が開催され、私も蔵元のひとりとして参加させて頂いております。
そのつど大変な盛り上がりで、このお店とご主人ご夫妻がどれだけ愛されているかを実感しています。
しかし昨年はコロナの影響で、日にちまで決まっていたにも関わらず中止になってしまった酒喰洲会。
今年はぜひ開催されるのを願っています。

お店にもまた行きたいし・・・。

「今年の100人の女性」

2020.12.31

ファイル 756-1.jpgファイル 756-2.jpg

広島県で「富久長」を醸す今田酒造本店女性杜氏、敬愛する今田美穂さんが、長野県の地元紙「信濃毎日新聞」に「時の顔」として掲載されました。

英BBC放送が選ぶ「今年の100人の女性」に選ばれたとの事。
快挙です。

折しも過日、上田市内で訪れた馴染みの酒場で「富久長」が置いてあるのを見つけて、飲んだばかり。
お店でバイトしている大学生がたまたま美穂さんと同じ広島県安芸津町の出身で、彼の強力な勧めがあって店主が置いたそうです。
もちろん美味しく頂きました。

美穂さん、本当におめでとうございます。

「YMOって・・・」

2020.12.22

仕事中のトラックでラジオを聴いていたら、今日は「YMOが解散した日」なのだそうです。

そうか。
今日12月22日はその日か。

正式にはYMO「解散」ではなく「散開」ね。

私は浪人生活真っ只中でした。
YMO「散開」ツアーの最終日は日本武道館で、しかもこの日の観客はすべて無料招待でした。

このチケットが欲しくて、私は勉強そっちのけで神田の三省堂書店に備え付けられた応募用紙を百枚以上投函しましたが、結果はハズレ。

それから今日まで、このライブの模様はビデオやCDで擦り切れるほど観聴きしてきましたが、今観ても素晴らしいのひとことで、私のベスト・ライブに入る1本ですね。
今もこの日のライブCD「アフター・サーヴィス」は、頻繁に私の車でかかっています。

それにしても驚いたのは、ラジオの若い女性アナが「『YMO』って『イエローマジックオーケストラ』の略だって今、知りました」と語った事。
トラックの中で思わずのけぞってしまいました。
そうしたら男性のメイン・パーソナリティが「メンバーに坂本龍一さんがいたんですよ」なんて、凄まじい解説しているし。
ショックでしたが、世の中は移り変わっているんですね。

YMOはいつまでも不滅です。

ページ移動