記事一覧

皆様のおかげです。

2018.12.30

年末もいよいよ押し迫って参りました。
昨日も夕方まで大勢のお客様がお越しになりました。

振り替えれば、今年も1年を通して、県内外を問わず、何らかのご縁で繋がった方々の再訪が立て続けで、嬉しい思いでいっぱいです。

イベントにお越し頂いて知り合った方々、そして弊社のブースをお手伝い頂いた方々。
出張の折、ご挨拶で立ち寄った酒販店さんや飲食店で偶然知り合った方々。
たまたま以前、弊社にご来店頂いた方々。

そんな皆様から「また上田に行くよ」とご連絡を頂くと、それが嬉しくて、ご来店頂いた際に話に花が咲くのはもちろんですが、その日の夜の一杯までご一緒させて頂く事がたび重なる毎回です。

本当にいろいろな方に支えられているなあと、しみじみと思います。
ここまで来られたのも、業界で敬愛する多くの皆様に背中を押し続けて頂いている賜物です。

今日もこのあと、十数年前にたまたま弊社にお立ち寄り頂いたのがきっかけで、長いお付き合いをさせて頂いている埼玉のお客様がお見えになります。
この方のひとことがきっかけで、頑張って発売時期を1ヶ月、前倒しした事もありました。
その件に関しては、その事が今も商売で生きています。

皆様に支えられている幸せをしっかりと感じながら、これからも頑張っていきたいと思います。

来年もよろしくお願い致します。

佐藤優の魅力

2018.12.22

東京地検特捜部によるカルロス・ゴーン氏の再逮捕が話題になっています。

そのニュースを見て、思わず書架から引っ張り出して再読したのが、佐藤優著「国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて」です。

佐藤優氏は外務省でロシア担当だった2000年、政治家の鈴木宗男氏との関係に絡む容疑で東京地検特捜部に逮捕されました。
その後、500日以上に渡る拘留と特捜部による取り調べの様子を詳細に記したのが本書です。

当時の日本とロシアを巡る政治情勢、それを取り巻く外務省(登場人物はすべて実名)の対応、そして拘置所での特捜部とのやり取りが圧倒的な筆致で描かれています。

これを読めば特捜部とは何かがよく分かります。
そしてこの本は、ノンフィクションの魅力・凄みを存分に体感できる一冊です。

佐藤優氏は、同志社大学神学部大学院を卒業し、チェコの神学を学びたいがために外務省に入ったという経歴の持ち主です。

結局、執行猶予付きの有罪判決を受けた佐藤氏は外務省を退職し、その後、執筆や講演活動に専念して現在に至ります。

彼の哲学的思考とインテリジェンスに裏付けされた数々の作品は知的好奇心に富み、どの本も一気読みの面白さです。
彼の新作が出版されたのを知ると、その都度購入してしまう毎回です。
ただ、佐藤氏的に言えば、ヘーゲルをなかなか読み解けない私はまだまだだと凹んだりもしますが(笑)。

ちなみに彼はロシア担当だっただけあって相当な酒豪で、ウオッカを何本飲んでも酔わないそうです。
その反面、執筆の際は甘味を食べまくったり、大の猫好きだったりと、楽しい人物像にも事欠きません。

それと「週刊新潮」のカラーページで、西原理恵子と共載している「まさる&りえこの週刊鳥頭ニュース」は必読です。

仕込み真っ只中

2018.12.16

いよいよ氷点下の毎朝となり、冬の仕込みも真っ只中を迎えています。

新酒への切り換えの時期でもあり、当社へお越し頂くお客様には、空っぽの冷蔵庫を前に「もうしばらくお待ちください」とお詫びを述べる毎回です。

それでも、発売を開始したばかりの新酒第1弾「和田龍 純米搾りたて生原酒」をご試飲頂き、「美味しい」とのご感想とともに皆様ご購入頂くのを見るにつけ、感謝の思いでいっぱいです。

これから春に向かって少しずつラインナップが充実していきます。
皆様、楽しみにお待ちください。

近所のローソン

2018.12.08

コンビニ過疎だった当社のそばにローソンが出来て、前を通るたびに頻繁に通っています。

コーヒー1杯だったり、チロルチョコ数個だったりする事もあるのですが、まあ便利です。

先日は妻と一緒に夜に立ち寄り、このお店での「初おでん」に挑戦。

「おでん、1回やってみたかったんです」
と言うと、若い女性の店員さんが
「えーっ、こんなにいつも来られているのに、まだだったんですかぁ?」
しっかり顔バレしてます。

さて、おでん。
「今晩、初めてのおでんのお客さんです!」
そんな彼女の声に乗せられて、2人合わせて10数個、山盛りで頼んだのですが、お値段は何と770円!
驚く我々に「夜は全品70円なので」
安っ。
しかも「ロールキャベツはお好きですか?」と問われて、即答で頷く我々の前で、2個サービスで入れてくれるし。

夜は飲んだ帰り道にあるので、つい立ち寄って、酔った勢いで大人買いしてしまう事もしばしば。

先日は、期間限定のゴディバのスイーツを各種買って帰ったら、妻はえらくご満悦。
その時は、まだ見習いの外国人の店員さんが「(フォンダンショコラは)15分温めてください」と言った先から、隣の指導の女性が即座に「15分じゃなくて15秒です!」と訂正しながら謝られました。
15分温めてたらどうなってたんだろう?

近所のローソン、これからもお世話になります。

「搾りたて」発売開始

2018.12.03

前々回予告した「和田龍純米 搾りたて生原酒」。
いよいよ発売を開始しました。

この冬最初の仕込みの純米酒を一切手を加える事なく、そのまま瓶詰めした、この季節の限定品です。

フレッシュでフルーティ。
キレと力強さが心地よい、芳醇な無濾過生原酒です。

お求めは、当ホームページの「和田龍登水」お取扱店酒販店様、もしくは当社にお気軽にお問い合わせください。

ページ移動