記事一覧

映画が観たい。

2019.06.14

今年になって映画館で映画を全然観ていません。
観たくても時間がないのと、観たい作品がない。

今年に入って観たのは、リバイバル上映で名高い長野松竹相生座で、ウイリアム・フリードキン版「恐怖の報酬 オリジナル完全版」と、同じ劇場で1週間後に、アンリ・クルーゾー版「恐怖の報酬」の2本。
どちらも大傑作でした。

特に1977年に上映された当時、フリードキン監督に無断で30分カットされたバージョンを観ていた私にとって、今回フリードキンが執念で完成・上映に漕ぎつけた「オリジナル完全版」は、私の歴代ベスト20の1本に入る圧巻の作品でした。

しかしこの2本の傑作を立て続けに上映した劇場が他にあったでしょうか。
少なくとも東京ではありませんでした。
長野松竹相生座の面目躍如です。

そして先月から今月に掛けても、この劇場では「ディアハンター」「山猫」「ラストタンゴインパリ」といった名だたる名画が上映されています。

観たい!
でも時間がない!
地団駄踏んでいる自分がいます。

それに反して、地元のTOHOシネマズ上田では、ここのところこれといって観たい作品がないな~。
次は夏の「ワイルドスピード」の最新作かな。

ところで、今回が最後となる「午前10時の映画祭」シリーズ。
いつ見ても、目も眩むような素晴らしいラインナップに陶然とする毎回です。

佐渡へ。

2019.06.07

ファイル 675-1.jpgファイル 675-2.jpgファイル 675-3.jpgファイル 675-4.jpgファイル 675-5.jpeg

毎年恒例の長野県酒造組合若葉会(青年部)の研修旅行で、今年は佐渡島へ行って参りました。

例年の如く、1泊2日で観光は一切無しのひたすら蔵元巡り。
今回も2日で4蔵を見学するハードスケジュールでした。

どの蔵元も、考え方も設備もそして利き酒したお酒も素晴らしく、感銘を受け続けた2日間でしたが、その中で印象に残った蔵元をひとつご紹介します。

「真野鶴」醸造元、尾畑酒造株式会社。

今回お伺いしたのは社長のご意向で、本蔵ではなく「学校蔵」です。

この「学校蔵」。
名前の通り、廃校となった小学校を佐渡市から借り受け、酒蔵として再生して酒造りを始めたという、驚きの施設です。

日本海に面した木造校舎の旧西三川小学校。
中に入ると教室や施設はそのままです。
しかし黒板の板書やディスプレイなど、そこここに蔵元の創意工夫がなされていて、訪れた人を飽きさせません。

聞けば年に一度、この教室で、テーマを決めた「学校の特別授業」が開催され、全国から100名を超える受講生が集まるそうです。
ちなみに校長は平島社長、学級長は奥様の留美子専務。
遊び心も満載です。
今年のテーマは写真にもある通り「佐渡島から考える、人が減っても出来ること」でした。

そしていよいよ一番奥の仕込蔵へ案内して頂きます。

ここでは、本蔵が稼動していない夏季だけ仕込みを行い、そこで酒造りを学びたい研修生を1週間単位で受け入れるそうです。
1週間を通して、酒造りはもちろん、人口減少に悩む佐渡の魅力も存分に知ってもらう事も目的のひとつとの、社長のお言葉でした。

この日も男性2名と台湾から来た女性1名が研修を終え、その「卒業式」に我々一行は来賓として立ち合わせて頂きました(一番下の写真)。

噂に聞いて一度は訪れてみたかった「学校蔵」。
夢とロマンにあふれるこの蔵の魅力を存分に堪能する事ができた、佐渡の海を眼下に望む快晴の午後でした。

お知らせ

2019.05.29

新発売の「和田龍登水 山恵錦(さんけいにしき)」。
おかげさまで当社の在庫は完売しました。

引き続き、当HPの「『和田龍登水』お取扱い店」様でお買い求め下さい。
ご不明な際は当社までご一報ください。

間もなく長野県の新しい酒造米として、農水省から正式に認可予定の「山恵錦」(現在の正式名称は「信交酒545号(山恵錦」」)。
今年は長野県内の26蔵が使用して、前回のブログにも書いた「お披露目会」も終わったばかり。

これから一層注目が高まること必至です。

「山恵錦お披露目会」

2019.05.21

ファイル 673-1.jpgファイル 673-2.jpgファイル 673-3.jpg

昨夜は長野市のホテルで、長野県が開発した新しい酒造米「山恵錦(さんけいにしき)」のお披露目パーティが開催されました。

長野県農政部の主催で、参加したのは「山恵錦」に携わった26のすべての蔵。

県知事はじめ多くの関係者が集まる中、オープニングでは26すべての蔵元がナレーションと画像と共に紹介され、乾杯とともに試飲会兼懇親会へと流れ込みました。

県産米ひいては長野県の地酒が盛り上がるこのような機会は大歓迎です。
2時間という短い時間でしたが、多くの出会いとあたたかなお言葉を頂き続けた素敵なひとときでした。

「長野の酒メッセ in 東京 2019」

2019.05.14

ファイル 672-1.jpg

今年も開催されました。
恒例の「長野の酒メッセ in 東京 2019」at グランドプリンスホテル高輪。

前日開催された、地酒屋こだま×水道橋なるたか主催の「長野10蔵の会」で、張り切り過ぎて枯れた声も何のその。
当日は13:00~20:00までの長帳場でしたが、心を込めてお酒を注がせて頂きました。

それにしても、ものすごい混雑でした。
聞いたら前売券は完売との事で、当日売りにも長い行列が出来ていたとか。

そんな中、お越し頂いた見慣れたあの顔、この顔。
そして初めて当社のお酒を口にされた新しいお客様。
和田龍酒造のブースにわざわざお立ち寄り頂いた皆様のお気持ちに、心から感謝申し上げます。

ページ移動