記事一覧

切符紛失

2019.03.09

ファイル 663-1.jpg

先日東京出張の際、上田駅の改札口を通ってホームに着くまでのたった3分の間に切符を紛失してしまいました。

ポケットを何度探してもない、と焦っているうちに新幹線が到着してしまい、泣く泣く切符を再発行=再度購入する覚悟を決めて、指定席のはずが席が分からなかったので自由席に座りました。

すぐに車掌室に向かい、車掌さんに訳を説明して「買い直します」と言うやいなや「上田駅に問い合わせますので、席でちょっと待っていてください」との返答。

そこからが嬉しかった。
領収書を見た車掌さんが自由席に戻る私を追いかけてきて「これは上野までの指定席の料金ですよね」と、わざわざ空いている指定席を探して座らせてくれたのです。

そして大宮を過ぎた頃。
車掌さんが席へ来て「上田駅で切符が見つかりました!」と満面の笑みで手渡してくれたのが、写真の書類です。
「領収書の番号とも一致していますのでお客様の切符に間違いございません」

お金を再度払う事よりも、数分の間に紛失してしまったという事実に落ち込んでいた私は、車掌さんの言葉と笑顔にどれほど救われた思いだったことか。
何度も何度もお礼を述べる私でした。

そして到着した上野駅。
新幹線の有人改札で書類を出して「実は切符を紛失してしまって・・・」と言った瞬間、駅員さんが「報告が入っています」と笑顔で返答してくれた時の驚きといったら。
そこまで気遣いをして下さった車掌さんひいては上野駅の駅員さんには、ありがたい思いでいっぱいでした。

小雨降る天候とは裏腹に、軽やかな気持ちで最初の目的地に向かう事が出来た、ささやかな嬉しい出来事でした。

長野運輸区の若林車掌さん、本当にありがとうございました。

恩人訪問

2019.03.02

ファイル 662-1.jpg

昨日所要で、午後4時に東京へ着き夜9時の新幹線で帰るという、まさに東京とんぼ帰りをして参りました。

幸いにも1本早い新幹線に乗れたのでふと思い立ったのが、小岩に移転して新店舗を構えた、私の恩人の酒販店訪問。
昨年移転した時から「ぜひお伺いします」と言い続けてきたのです。

まったくのノーアポ。
完全会員制のお店で配送メインのため、時には店主不在の事もあり、それならそれで仕方がないと覚悟の上での突撃でした。

小岩駅を降りて、住所をもとに頭に叩き込んだ地図を思い描きながら10分ほど歩くと・・・あっ、目印の赤い暖簾が出ています。
思わず小走りになり店の前に立つと、パソコンに向かう背中が目に飛び込んできます。

「齋藤さん!!」
そう叫びながらドアを開けると、振り返ったのが、会員制酒販店「革命君」を経営する齋藤哲雄さんでした。

まだ地元消費が9割だった頃、当社が初めて東京のイベントに参加した際に、最初に「和田龍登水」を見出して下さった1人が齋藤さんでした。

その時は地酒専門店の番頭だった齋藤さんは、それ以降、酒質に関して忌憚のない、時に厳しく、しかし愛情に溢れたアドバイスを送り続けて下さり、それが私にとっても大きな励みとなりました。

齋藤さんはその後、長期の入院生活を余儀なくされます。
しかし無事復帰を果たした齋藤さんは、やはり自分には日本酒しかないという覚悟のもと、独立されて、飲食店を対象にした会員制酒販店「革命君」を開業します。

それ以降、齋藤さんの熱意と人間性に惚れ込んだ多くの飲食店から注文が入り続け、手狭となった旧店舗から小岩の現店舗に移転したのが昨年のことでした。

私も折に触れ齋藤さんと話しては、酒質だけでなく気持ちの部分でも、多くのことを学ばせて頂く毎回です。

昨日も短い時間ではありましたが、店内を拝見させて頂きながら、齋藤さんとの充実した時間を堪能して参りました。

齋藤さん、これからもよろしくお願い致します。

新酒情報

2019.02.25

新酒情報です。

まず今期の新酒第1弾「和田龍純米搾りたて生原酒」ですが、当社の在庫は完売致しました。
昨年よりも1ヶ月早い完売に、お召し上がり頂いた皆様には心よりお礼申し上げます。

そして今月発売を開始した「和田龍登水(とすい) 美山錦」、おかげさまでご好評を頂いております。

昨年よりさらに芳醇さを増した柑橘系のフレーバー。
無濾過生原酒ならではのボディと、透明感あふれるクリアな飲み口との調和。
これから時間が経つにつれて、さらに味わいが乗ってくると思います。

このあと、3月中旬には「和田龍登水 ひとごこち」が、そのあと続いて「和田龍登水 山田錦」が、リリースを待っております。
こちらも乞うご期待ください。

さらに4月中旬、今年の新アイテム「和田龍登水 山恵錦(さんけいにしき)」の発売を開始致します。

「山恵錦」とは、この春に農水省から正式に認可される、長野県の新しい酒造好適米です。
そして上田の農家と上田の5蔵が力を合わせて、上田市産の山恵錦で各蔵が仕込んだお酒を全国発信していこうという「山恵錦プロジェクト」が同時に進んでいます。

銘柄は5蔵それぞれですが、4月のメディア・リリースと同時に全蔵一斉発売の予定です。
こちらもぜひぜひ楽しみにお待ちください。

振り向いたらそこに・・・

2019.02.16

出張で東京へ行った際、所要でSホテルのラウンジへ赴きました。

このSホテルには、同じ系列で普段私が定宿にしているTPホテルから異動してきたUさんという女性スタッフがいます。

彼女は笑顔が素敵で、前のTPホテルでは折に触れとても細やかなサービスをしてくれた、大好きなスタッフのひとりでした。

今回Sホテルを訪れるに当たって、できれば彼女をフロントで呼び出して久々に会ってみたい、そんな思いにも駆られていました。

さて、ラウンジに足を運んだ時の事です。

ドアを開けようとした瞬間、「和田様!?」
呼ばれて振り返ると「和田澄夫様ですよね!」
そこには変わらぬ笑顔のUさんが立っていました。

何という偶然。
しかもフルネームを覚えていてくれたという感激。
瞬時に嬉しさがこみ上げてきて胸がいっぱいになりました。
お互いに驚きとともに言葉を交わしながら、この劇的な出会いをしばし喜び合いました。

数時間後、ラウンジを出ようとした時も、この偶然の嬉しさが胸を離れません。
私は名刺の裏にUさんへのメッセージとお礼をしたためて、フロントに預けるべく向かったところ・・・。
何とカウンターの前には、再びUさんの姿が。
しかもこちらに気が付いて、手を振っているではありませんか。

すぐに駆け寄り「フロントに預けようと思っていましたが、直接お渡しできて嬉しいです」。
そう言って手渡した、びっしりと書き込みが入った名刺を、Uさんはしっかりと笑顔で受け取ってくれました。

名刺に目を落としたUさんがまず発してくれたひとこと。
それは「あっ、私のフルネーム!」でした。

イタリア商談会

2019.02.09

ファイル 659-1.jpg

上田市の5蔵と、イタリアで日本酒の輸入販売を手掛けるバイヤーとの商談会が、上田市内のホテルにて開催されました。

ラグビーワールドカップを目前にして、イタリア代表チームが上田市の菅平高原をキャンプ地に選んだ事をきっかけに、イタリアとの交流をより深めようと上田市が企画したイベントです。

当日は多くの市役所や商工会議所の関係者が見守る中、バイヤーのジョバンニ氏がイタリア人の通訳を伴って、1社ずつ丁寧に利き酒をしながらブースを回りました。

その初っ端に当社が指名され、私は満面の笑顔とは裏腹に緊張感いっぱいで応対します。

それにしても、次々と繰り出される質問の専門的かつ鋭い事といったら。

まず最初に聞かれた使用米とお酒のスペックから始まって、味わいの特徴、貯蔵方法、料理とのマッチングなど、自然と会話にも熱を帯びていきます。
最後に「このお酒(「和田龍純米酒」)はイタリアでも受けると思いますし、特にパンチェッタには合いますね」とお褒め(お世辞?)のお言葉を頂き、隣のブースに移られたジョバンニ氏でした。

5社との商談が一段落し、イタリアを意識した数々の料理とともに懇親を楽しんだあとは、締めに集合写真を撮影。
まだ海外輸出はしていない当社にとっても大変楽しく、そして勉強になった有意義な一夜でした。

ページ移動