記事一覧

ラランド 1959

2019.09.06

ファイル 688-1.jpg

すごいワインを飲んでしまいました。

CHATEAU PICHON LONGUIBILLE COMTESSE DE LALANDE 1959
シャトー ピション ロングヴィル コンテス ド ラランド 1959年

ボルドーでも最高峰のポイヤック村で造られる格付けワイン。
しかもグレート・ヴィンテージといわれる1959年物です。
値段以前に、今はたぶん入手不可能です。

長年親しくさせて頂いているご夫妻の誕生日のディナーにお声掛け頂き、喜んで駆け付けたのは、折に触れおふたりと会食するお気に入りのレストランでした。

そしてこの日に還暦を迎えたご主人の生まれ年がまさに1959年。
オーナーシェフがこの日に合わせて、バースデーイヤーのサプライズワインを用意して下さったのでした。

それにしてもラランドの59年。
大袈裟でなく、見た瞬間に眩暈がしました。
これを飲める!

実は私が20代の頃、ボルドーワインで最初に感動したのがこのラランド。
当時は今では想像できないくらい安く買えたので、その中でも安いオフ・ヴィンテージの1984年をケース買いして、瞬く間に飲んでしまいました。
少し残しておけばよかった。

さて、この日抜栓したラランド1959。
今のラランドとはラベルも違っていて、たぶんボトルも手作り。
開けられたワインはソムリエが丁寧にデカンタージュしていきます。

料理も進み、シェフのスペシャリテ「子羊のパイ包み マリアカラス」とともに、いよいよグラスに注がれた「ラランド」の、そのむせ返るような芳香にしばし陶然。
す、凄すぎる・・・。

香りだけで数十分楽しんだあと、ようやくひと口目を含んだ時の美味しさといったら。
60年の歳月を感じさせない、まだまだ若々しい、柔らかく濃醇かつ繊細な味わい。
これだったら明日の朝まで楽しめそうな、そんな活き活きとした見事な逸品を、愛おしむように3人で時間を掛けて、ゆっくりと堪能したのでした。

ワイン、お料理、お店の空間、そしてひと皿ごとに厨房から出てきては話し掛けて下さるシェフのお人柄。
そのすべてが一体となって心から楽しませて頂いた、そんなあっという間の4時間でした。

「ひやおろし」ご報告

2019.08.31

9月9日(月)「重陽の節句」に合わせて発売予定の「和田龍登水ひやおろし」。

おかげさまで酒販店様からのご予約で当社の在庫は完売しました。
当社での販売はございません。

お求めは下記のお取扱い酒販店様にて、よろしくお願い致します。


・地酒屋宮島(長野県上田市)
・原商店(長野県上田市)
・田玉酒店(長野県上田市)
・北村商店(長野県上田市)
・酒乃生坂屋(長野県千曲市)
・酒舗清水屋(本店:長野県小海町/佐久平店:長野県佐久市)
・地酒屋こだま(東京都豊島区南大塚)
・革命君(東京都江戸川区西小岩)
・酒蔵信州(東京都港区新橋)
・柏木岡芳商店(東京都新宿区北新宿)
・広島屋(東京都国立市富士見台)
・MARUTAKAマルタカ(東京都杉並区宮前)
・いとう酒店(千葉県船橋市薬円台)
・刻和(ときまさ)(千葉県市川市南行徳)
・小島屋酒店(神奈川県川崎市多摩区登戸)
・丸又商店(愛知県名古屋市千種区京命)
・福幸(広島県竹原市)

※順不同


ご不明な点は当社までお問合せください。

「ひやおろし」間もなく発売

2019.08.24

猛暑の中にも秋の気配が感じられる今日この頃。

秋の風物詩「ひやおろし」の発売を間もなく開始致します。

ひと夏越して、この時期ならではの熟成感、円やかな風味と味わいをぜひご堪能下さい。

当社の「ひやおろし」は、搾ったままいっさい手を加えずに瓶詰めし、そのあと一度だけ火入れをした、いわゆる「無濾過生詰め」です。

発売は長野県一斉解禁日に合わせて9月9日(月)です。

「和田龍登水 ひやおろし」

・使用米:ひとごこち100%
・アルコール度数:16度
・小売価格:1.8L 3,000円(税別)/720ml 1,500円(税別)

お求めは当ホームページの「和田龍登水 お取扱店」様もしくは当社にお尋ねください。

大後悔

2019.08.17

今年大いに後悔している事。

それは「クラフトワーク」のライブに行けなかった事。

行けなかったというよりは、ライブ翌日、ライブに行った親友から聞くまで、そもそも「クラフトワーク」が来日していることさえ知りませんでした。
何という体たらく。

しかも会場が渋谷のオーチャードホール。
オールスタンディングではなくて椅子席の会場でライブをやるなんて、そんなの「クラフトワーク」じゃない!というのは、私のただの負け惜しみです。
オーチャードホール自体も縦に長くて見づらく聴きづらく、個人的にはあまり好きな会場じゃない、これも負け惜しみです。

でも本当に行きたかった。

YMOの先駆け、テクノの元祖というのは、もはや当たり前の話。

そしてリーダーのラルフ・ヒュッターも今や70歳越え。
でも4人のメンバーが横一列に並んで、各々が1台のシンセサイザーに向かって、微動だにせず黙々と弾くスタイルは今も健在です。
ラルフ・ヒュッター、直立不動で2時間立ち続けで疲れないか?

ちなみに以前ライブで、ひとりのメンバーが曲に合わせて思わず足踏みしてしまったところ、客席からブーイングが起きたという逸話もあります。

日本語の歌詞で歌う名曲「電卓」を、ラルフ・ヒュッターのボーカルに合わせ大声で叫ぶ興奮を、再度味わいたかった。

僕は音楽家。
電卓片手に。

足したり。
引いたり。

このボタン押せば音楽奏でる♪

「クラフトワーク」、今でも私のカーオーディオでは必須アイテムです。

「べじた坊」へ

2019.08.10

ファイル 684-1.jpgファイル 684-2.jpg

平日の夕方、長野市で所要を済ませ、そのあとは長野駅近くの大好きな地酒処「べじた坊」へ。

いつもの階段を上りドアを開けると、いつもの笑顔で石垣さんと若林さんのおふたりが出迎えて下さって、毎回心が和む瞬間です。

お決まりのカウンターに腰掛けて、しばしおふたりと雑談・・・のつもりが、お話が楽しくて、会話が止まりません。

そう、このお店では、豊富な地酒と、野菜を中心としたボリューム満点の酒肴に加えて、石垣さん・若林さんとの会話も魅力のひとつなのです。

その間にも、石垣さんは厳選した日本酒を少量ずつ、お任せでそのつどグラスを変えて注いで下さり、片や若林さんはさり気なく厨房に入られたかと思うと、やはり美味しいおつまみをすっと出して下さって、酒と料理と空間と、三位一体となった楽しさをこの日も味わい続けたのでした。

気が付いたら予定時間をはるかにオーバー。
楽しいひとときはあっという間に過ぎていきます。
階段下まで石垣さんに見送って頂きながら、小雨の中をほろ酔いで帰った真夏の夜でした。

ページ移動