記事一覧

古酒発売開始

2015.12.04

ファイル 492-1.jpg

「和田龍 平成12BY酒造年度 古酒生酒」。
15年の熟成を経て、このたび発売を開始しました。

淡くきれいな琥珀色。
黒糖やバニラを連想させる甘さと、そこに絡まるきれいな酸味。
熟成から来る複雑で上品な味わいが、喉を通ったあともきれいな余韻として残ります。

300mlで1,000円(税別)の限定品です。
ぜひご賞味ください。

「いのちの歌」

2015.11.22

妻がPTAコーラスの練習で毎日口ずさんでいる「いのちの歌」にすっかりハマってしまいました。

本当に素敵な曲ですね。

NHKの連続テレビ小説を見ない身としては、放映から8年も経った今頃になって「だんだん」の劇中でマナカナが歌ったこの曲の虜になっています。
メロディも歌詞も本当に素晴らしい。

妻に聞いたら、番組が終了してから初めて作詞が竹内まりあだという事が打ち明けられたのだとか。
マナカナが歌うこの曲をYoutubeで繰り返し聴いてしまいました。
ちなみに竹内まりあが歌った音源はないのですかね?

繰り返し聴いているといえば、X-JAPANの「BORN TO BE FREE」のシングルカット・バージョン。

この曲そのものは数年前に発表されていて、ライブでも必ず演奏されるのですが、今回シングルのために録音された音源の素晴らしさといったら。
イントロから背筋に電流が走るカッコよさで、このたび初めて公開された歌詞を口ずさみながら、X-JAPANの魅力と疾走感とに改めて酔いしれたのでした。

ライブでこの曲が始まるとTOSHIが叫ぶ「みんな、自由になるために生まれてきたんだぜ~!」という煽りが思わず脳裏に蘇ってきました。

始まりました。

2015.11.16

ファイル 489-1.jpgファイル 489-2.jpg

この冬の造りが進んでおります。

新酒のトップを切って、12月に「和田龍 純米しぼりたて生原酒」が登場です。

皆様、乞うご期待。

冬到来

2015.11.10

パソコンがちょっぴり不調で更新が遅れてしまいました。

間もなく冬本番。
新酒の季節です。

当社も12月半ばから「和田龍 純米しぼりたて生原酒」の発売を予定しております。
今年はラベルも一新。
フレッシュな「しぼりたて」新酒を楽しみにお待ちください。

加えてお知らせです。

平成13年の冬からずっと冷蔵貯蔵していた古酒を、15年の歳月を経て、間もなく限定発売致します。

来年春には大河ドラマ「真田丸」の放映も控えて盛り上がっている信州上田。
お酒もそれに負けずに盛り上がっていきたいと思います。

バーの愉悦

2015.10.24

ファイル 486-1.jpg

親しい仲間との飲み会がお開きになったあと、帰途につく途中でふと飲み足りなさを感じて、踵(きびす)を返して上田の繁華街へと戻りました。

どこへ行こうかしばし悩んで、馴染みのバーのドアを開けました。

カウンターの片隅に腰を落ち着けてマスターに目配せで挨拶します。
このお店に来る時の私の距離感を分かってくれているので、あれこれ詮索されないのが逆に楽です。

「短めのシガーを下さい。それとマッカランで面白いのがあれば」
マスターはまずはシガーに火を着けて手渡してくれたあと、初めて口を開いて「いいマッカランがあります」

カウンターの外までズラリと並んだ棚から1本の瓶を取り出し、「今のマッカランのスタイルになる前の、オールドスタイルのマッカランの18年です」

まごうことなきマッカラン独特の香り、この香りだけで1時間楽しめます。
そこにシガーを合わせる至福のひととき。
時が静かに流れていきます。

いつの間にか店内は満席です。
ゆっくりとウイスキーを飲みきったあとで、今宵の締めの一杯としてマティーニを注文しました。

いつも使っているブードゥルズ・ジンがタンカレー・ジンに変わっていることを尋ねると、
「ベルモットを変えました。そしてビターズの替わりにこの×××(銘柄を忘れました)を入れています。これはタンカレーだから出来る味なんです」

そう言われて飲んだマティーニは確かにいつもと味が違います。
思わず「ものすごくフレーバーが活きてますね。美味しいです」と感想を述べると、マスターからほほえみが漏れました。

小一時間が過ぎ、そろそろお暇(いとま)する時間です。
「忙しそうなのでお見送りは結構です」と言ってもしっかりとドアまで駆け寄って挨拶してくれるマスター。
今宵も束の間のバーの愉悦を堪能させて頂きました。

ページ移動