記事一覧

イタリア商談会

2019.02.09

ファイル 659-1.jpg

上田市の5蔵と、イタリアで日本酒の輸入販売を手掛けるバイヤーとの商談会が、上田市内のホテルにて開催されました。

ラグビーワールドカップを目前にして、イタリア代表チームが上田市の菅平高原をキャンプ地に選んだ事をきっかけに、イタリアとの交流をより深めようと上田市が企画したイベントです。

当日は多くの市役所や商工会議所の関係者が見守る中、バイヤーのジョバンニ氏がイタリア人の通訳を伴って、1社ずつ丁寧に利き酒をしながらブースを回りました。

その初っ端に当社が指名され、私は満面の笑顔とは裏腹に緊張感いっぱいで応対します。

それにしても、次々と繰り出される質問の専門的かつ鋭い事といったら。

まず最初に聞かれた使用米とお酒のスペックから始まって、味わいの特徴、貯蔵方法、料理とのマッチングなど、自然と会話にも熱を帯びていきます。
最後に「このお酒(「和田龍純米酒」)はイタリアでも受けると思いますし、特にパンチェッタには合いますね」とお褒め(お世辞?)のお言葉を頂き、隣のブースに移られたジョバンニ氏でした。

5社との商談が一段落し、イタリアを意識した数々の料理とともに懇親を楽しんだあとは、締めに集合写真を撮影。
まだ海外輸出はしていない当社にとっても大変楽しく、そして勉強になった有意義な一夜でした。

「和田龍登水 美山錦」発売開始

2019.01.26

お待たせしました。
ずっと欠品中だった「和田龍登水」、まずは「美山錦」の新酒から、2月1日より発売開始です。

シャインマスカットや桜の花を思わせる上品な芳香。
生原酒でありながら軽快で、キレのある酸との調和が楽しく、すいすい喉を通る透明感あふれる味わい。
ぜひご賞味ください。

当ホームページの「和田龍登水」お取扱店様でお求めください。

ご報告

2019.01.15

新酒の仕込みも佳境に入ってきております。

そんな中でご報告です。

新酒第1弾で発売した「和田龍純米 搾りたて生原酒」ですが、当社の在庫は終了しました。
引き続き、当HPの「和田龍登水」販売店様でお求めください。

また「和田龍登水」シリーズでは、まず「美山錦」の新酒を2月にリリース致します。
発売が正式に決まりましたら改めてご案内致します。

さらに「和田龍登水」につきましては、従来の「ひとごこち」「山田錦」に加えて、今年は新たなアイテムを追加する予定です。
楽しみにお待ちください。

皆様のおかげです。

2018.12.30

年末もいよいよ押し迫って参りました。
昨日も夕方まで大勢のお客様がお越しになりました。

振り替えれば、今年も1年を通して、県内外を問わず、何らかのご縁で繋がった方々の再訪が立て続けで、嬉しい思いでいっぱいです。

イベントにお越し頂いて知り合った方々、そして弊社のブースをお手伝い頂いた方々。
出張の折、ご挨拶で立ち寄った酒販店さんや飲食店で偶然知り合った方々。
たまたま以前、弊社にご来店頂いた方々。

そんな皆様から「また上田に行くよ」とご連絡を頂くと、それが嬉しくて、ご来店頂いた際に話に花が咲くのはもちろんですが、その日の夜の一杯までご一緒させて頂く事がたび重なる毎回です。

本当にいろいろな方に支えられているなあと、しみじみと思います。
ここまで来られたのも、業界で敬愛する多くの皆様に背中を押し続けて頂いている賜物です。

今日もこのあと、十数年前にたまたま弊社にお立ち寄り頂いたのがきっかけで、長いお付き合いをさせて頂いている埼玉のお客様がお見えになります。
この方のひとことがきっかけで、頑張って発売時期を1ヶ月、前倒しした事もありました。
その件に関しては、その事が今も商売で生きています。

皆様に支えられている幸せをしっかりと感じながら、これからも頑張っていきたいと思います。

来年もよろしくお願い致します。

仕込み真っ只中

2018.12.16

いよいよ氷点下の毎朝となり、冬の仕込みも真っ只中を迎えています。

新酒への切り換えの時期でもあり、当社へお越し頂くお客様には、空っぽの冷蔵庫を前に「もうしばらくお待ちください」とお詫びを述べる毎回です。

それでも、発売を開始したばかりの新酒第1弾「和田龍 純米搾りたて生原酒」をご試飲頂き、「美味しい」とのご感想とともに皆様ご購入頂くのを見るにつけ、感謝の思いでいっぱいです。

これから春に向かって少しずつラインナップが充実していきます。
皆様、楽しみにお待ちください。

ページ移動