記事一覧

四谷三丁目「くりや」

2017.08.05

ファイル 578-1.jpgファイル 578-2.jpg

今年も大盛況だった「大長野酒まつり in 四谷」。
真夏の四谷エリアを長野の地酒がジャックさせて頂きました。

そして当社がブースを構えたのは3年連続となる四谷三丁目の「くりや」。
素敵な女将さんが営む日本酒専門の居酒屋です。

このお店を紹介して下さったのは、四谷三丁目の会員制地酒専門店「鎮守の森」(元「酒徒庵」)のオーナー竹口さんです。

数年前、「酒徒庵」でお酒の会に参加させて頂いた折、打ち上げで数名の蔵元とともに連れていって頂いたのが「くりや」でした。
女将さんの笑顔、そして美味しい酒肴にたちまちぞっこん。

それがご縁で、ここ数年は相思相愛(笑)で「くりや」にブースを構えさせて頂いております。

今回も「大長野酒まつり」の前日に、敬意を表して一般客として訪問。

この日のお目当てはパスタ。
こちらのお店、和食に混じって、さり気なくパスタメニューや火曜日限定の(酒に合う)カレーとかがあるのです。

女将に聞いたら今日はいい雲丹(うに)があるというので、それをスパゲティにしてもらったところ、これが美味いのなんの。
前のお店でかなりお腹は膨れているというのに、あっという間にひと皿完食。
ついお替りまでしてしまう始末でした。

翌日の「大長野酒まつり」で、お客様に振る舞われた酒肴は名物「牛すじの煮込み」と「揚げなす」。
厨房で汗だくになりながら(そしてエネルギー補給でお酒を呑みながら)腕を振るう女将の料理には、人だかりが絶えませんでした。

ちなみにこの日「くりや」で隣にブースを出されていた蔵元は、「信濃鶴」を醸す敬愛する長生社の北原さん。
真摯なお人柄はもちろんのこと、いつもながらのぶれない安定した酒質に今回も感動でした。

くりや http://kuriya.epice-inc.com/

「和とBAR 月の小路」

2017.05.06

ファイル 567-1.jpgファイル 567-2.jpg

上:「和」のカウンター
下:「BAR」カウンター


京浜東北線大森駅を降りて徒歩2分。
2月にオープンしたばかりの「ホテルグランティオス別邸」。
そのメインダイニング「和とBAR 月の小路」へ行って参りました。

このお店のコンセプトは、その名の通り「和と洋の融合」。
ひとつの店内には、お寿司や会席を楽しめる「和」のスペースと、食前酒やアフターディナーの一杯を楽しめる「BAR」スペースの両方が備わっています。

妻とともに訪れたのはゴールデンウイークの夜。
エレガントな女性店長さんのお出迎えを受けながら、まずは「和」のカウンターに腰を落ち着けます。

選んだメニューは、土日祝日限定の「寿司会席」(4,000円)。
このコースの特徴は、お寿司(3貫ずつ3皿)と焼物・煮物といった一品料理が交互に出てくること。
前菜に続いて、この日は中とろ・金目鯛・したびらめの「一之寿司」でスタートです。

お料理の美味しさと共に、お酒も「鳳凰美田」「王録」「雨後の月」・・・どんどん進みます。

途中、大好物の〆鯖と、会話が弾む中で板長さんが好みを察して出して下さった小肌の紐巻きを追加して小一時間。
巻物・軍艦・玉子の「三之寿司」を楽しんでいる時に、このお店をご紹介下さった営業企画室の長嶋さんご夫妻が合流されました。

食事を終えた我々4人はバーカウンターに移動し、長嶋さんチョイスのイタリアワイン(これがまた香りとボディが豊かで美味)のボトルを開けて、閉店時間まで楽しい会話に花を咲かせたのでした。

聞けば和のランチもコストパフォーマンス抜群。
板長さんによれば週5日通われるお客様もいるそうです。

大森駅前に出来た、外の喧騒を忘れる快適な異空間「和とBAR 月の小路」。
おすすめです。

「そば処 木鶏」

2017.04.07

ファイル 563-1.jpgファイル 563-2.jpg

とある日曜日、仕事が一段落したところでふと思い立ち、妻を乗せて車を松本市の隣の山形村へ走らせました。

目指す先は「そば処 木鶏(もっけい)」。

お店とご主人の塙(はなわ)さんとの出会いは以下の過去ログの通り。

http://www.wadaryu.com/blog/archives/493.html

今回はその時以来の訪問です。

店内に入った瞬間の凛(りん)とした空気は変わりません。
その向こうで、塙さんが熱心に蕎麦に向かっています。

目が合った瞬間、すぐに分かって下さった時の嬉しさといったら。
心躍らせながらカウンターに陣取ります。

このお店のウリはもちろん蕎麦と、もうひとつが「ギタロウシャモ」。
そのどちらも味わおうと、大もり蕎麦とミニ木鶏丼(親子丼)の両方を欲張って注文。
塙さんの仕事を見ながら出来上がりを待ちます。

やがて届いた十割蕎麦と親子丼。

まずはお勧めに従い、十割蕎麦に塩を振ってひとくち。
お蕎麦の繊細な甘みと旨みとが口の中いっぱいに広がって、思わず「旨い!」

続いて食べた木鶏丼の、プリプリの弾力と噛みしめた時の肉の味わい、そして卵とタレの美味しさに、こちらも「旨い!」

おそばに付いた山葵やそばつゆやそば湯まで堪能し尽くして、器はあっという間に空っぽになりました。
まだまだ食べられるぞ、と思っている横から、妻は追加でデザートを注文。

塙さんや、隣に座ったお客様との楽しい会話もご馳走に加わって、素敵な午餐のひとときは過ぎていくのでした。

ひとつだけ残念だったのは・・・車でなければ目の前の冷蔵庫にズラリと並んだ日本酒が飲みたかった!

「そば処木鶏」。
松本山雅のホームグラウンド「アルウィン」から車で数分の、魂のこもったお蕎麦の名店です。

http://ichigoichienococoro.com/

新店オープン!

2016.11.26

今日はニューフェイスの地酒専門店をご紹介します。

千葉県市川市「日本酒専門酒屋 刻和(ときまさ)」。
日本酒を熱烈に愛する若き店主、岩田和士さんが満を持してのオープンです。

店主のSNSから抜粋です。


【刻和 -TOKIMASA-】

「目まぐるしく時を刻むこの現代社会において、
日本酒を通じて、多くの方々の和みの存在となれるように願いを込めて」

刻和(ときまさ)の、和(まさ)という読み方は、
自身の名前である、和士(まさし)から取りました。

屋号にしては読みづらい、との意見も当初はありましたが、某はこれに賭けてみたいと考え、この名を冠しました。


岩田さんとは、彼の修行時代からともに悩みともに語り合った、10年来のお付き合いです。
彼が店を持ちたいという熱意、そして今日に至るまでの努力を折に触れ目の当たりにしてきました。

なので数ヶ月前、彼からオープンの知らせを受けた時、その嬉しさはいかほどばかりだったことか。
彼の日本酒に賭ける思いがひとりでも多くのお客様に伝わることを願っています。

http://www.geocities.jp/sakayatokimasa2016/

上田城、桜満開

2016.04.09

ファイル 510-1.jpgファイル 510-2.jpgファイル 510-3.jpg

弊社から歩いて数分、上田城跡公園の桜が満開です。

折しもNHK大河ドラマ「真田丸」は今まさに上田合戦の真っ只中。

相乗効果で、上田城には過去最高の観光のお客様が訪れています。
まるで原宿なみ、いや決して大袈裟でなく。

公園内にある「真田丸 大河ドラマ館」も長蛇の列で大入り。
オープン3ヶ月で、前作「花燃ゆ」のドラマ館の1年間の観客数を抜いてしまったそうです。

さて、その大河ドラマ「真田丸」。
実は私は大河ドラマを見るのは初めてなのですが、これが滅法おもしろい!

最近感動したのは、上田城のセットから窓外がたびたび写るシーンで、遠くの山並みがCGにより今我々が見ることができる山並みそのものであったこと。

さあ、今まさに勢いに乗る上田市に、皆さんもぜひお越しください。

そして新着情報。
「和田龍登水」ですが「山田錦」「美山錦」「ひとごこち」の順番で着々とリリース準備中です。
今しばらくお待ちください。

ページ移動