記事一覧

映画を語ろう。

2022.10.28

何回目いや何十回目になるか分からない「羊たちの沈黙」「ハンニバル」を読了しました。
いやあ、いつ読んでも、何度読んでも面白い。

これでまたブルーレイで映画の「羊たちの沈黙」「ハンニバル」を観返すことになるのでしょう。

「羊たちの沈黙」シリーズと「ゴッドファーザー」シリーズは、いつもこれの繰り返しです。
小説を読めば映画が観たくなり、映画を観ると小説が読みたくなります。

「羊たちの沈黙」の作者トマス・ハリスの作品に「ブラックサンデー」があります。

私が中学生の時に映画化され、大々的に宣伝もされて公開を待ちわびていたのですが、上映中止を求める脅迫状が届いたため、公開は取り止めになりました。
主役のショーン・コネリーと大型の飛行船が大きく載ったポスターが印象的で、ぜひ観たいと思っていただけに、上映中止はそれはそれは残念でした。

それから30年後、まさかの「ブラックサンデー」のDVDの発売が決定し、すぐさま購入したのは言うまでもありません。

ちなみに「ブラックサンデー」の上映が予定されていた、今は無き日比谷の「有楽座」も思い出深い映画館です。

東宝洋画系劇場のフラッグシップでもあった有楽座ですぐに思い出すのは、全席指定席で公開された「地獄の黙示録」(ラストが違う特別版)です。
S席2500円、A席2000円で、お金が無い当時中学生の私はもちろん2階後方のA席でしたが、作品のその迫力たるや凄まじく、あの難解なラストシーンは全く理解できなかったにも関わらずこの映画の虜になり、その後「特別完全版」も含めて、何回観たか数えきれません。

そうそう。
大学時代、たまたま有楽座の前を通りかかったら、大好きな「未知との遭遇」がリバイバル上映されていました。
迷うことなく飛び込んで、大スクリーンで観てこそ意味がある壮大なラスト30分に大満足して映画館を出たところ、映画館の前が何か喧騒に満ちています。
聞いたら、何とシルベスター・スタローンが映画のプロモーションでつい先ほどまでここにいて、今しがた引き上げたとの事でした。
その時のショックといったら。
ナマのスタローン、見たかった!
でも、有楽座で「未知との遭遇」が観られたからいいもん、と自分を慰める私がいました。

実際にナマで見たことがあるのは、「スタートレック」でスポックを演じたレナード・ニモイ。
新宿の紀伊国屋書店を訪れたところ、「スタートレック カーンの逆襲」のプロモで来日していて、この時も大興奮。
普段は負け続けているジャンケンをこの日は勝ち抜けて、レナード・ニモイと対面しながら本にサインをしてもらったのでした。

「スタートレック」のレナード・ニモイはもちろんですが、私は「刑事コロンボ」の「溶ける糸」で、犯人の医者役で出演したレナード・ニモイも大好きです。
「スター・トレック」と「刑事コロンボ」といえば、カーク艦長役のウイリアム・シャトナーも2回、犯人役で登場して大いに感動したものでした。
ちなみに「刑事コロンボ」は、ブルーレイのコンプリート版を持っています。